スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドブロヴニク城壁散歩 ・ 前編なり。

ドブロヴニクの城壁(全長1940m)へ上ります。



ドブロヴニクの城壁から見たプラツァ通り
21_20121004173837.jpg
結構、高さがありましたよ。
城壁の一番高い場所では25mもあるそうです。


遊歩道はこんな感じで続いております。
23_20121004174140.jpg
どんな景色が見れるのかワクワクしてしまう、この瞬間、、♪



凄い所に城壁を作ったんだな~。
22_20121004174139.jpg
今みたいに大きな重機がないであろう時代によくこんな城壁を、、、
は~、、あっぱれ。

各国の昔の建造物などもそうですが、当時の状況を
想像すると私が思う以上の大変な苦労があったんだろうなぁ。
労働者のね、、、。



城壁から見た旧市街の街並み
24_20121004174139.jpg
1667年に起こった大地震によって旧市街の大部分が破壊してしまった
そうですが、この城壁はほとんど被害がなかったそうです。

、、、凄いですね。

う~ん、、「大地震」ですか、、、他人事とは思えませんね(-_-;)。
地震大国に住む日本人には身近な話です、、。



城壁を歩くの図
25_20121004174138.jpg
天気いい~♪風が気持ちいい♪日差しがあつ~い\(◎o◎)/!
という状況です。

あ。。そうそう。写ってるの、あたしじゃありませんよ。



「どっか~ん」
26_20121004174137.jpg
大砲です。
名残、、、ってやつです。



城壁を歩くの図・その2
33_20121004175503.jpg
一人しか歩けない幅のせま~い道を歩くのも、なんだかワクワクしてしまいます♪



すんごい高さだ~。
27_20121004174137.jpg



立て直しをせずに
28_20121004174442.jpg
壊れたままにしているんでしょうね。



城壁からみた裏路地です
32_20121004174659.jpg
路地のね、、、雰囲気が凄く素敵なんですよ。



海、キレ~☆
29_20121004174804.jpg


眺め、サイコ~☆
30_20121004174804.jpg



壁に作られている、のぞき窓?穴?から見る眺めを
31_20121004174841.jpg
こうやって撮ると「画」みたい。 
   

城壁散歩、後編につづいちゃいます・・・。


34_20121004215433.jpg


 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ドブロヴニク・・・まずは見所観光。

ドブログとニク、、覚えましたか?
ドブロヴニク、、、。

ドブロヴニクの旧市街は城壁で囲まれています。
この城壁、全長1940mもあります。そして城壁の上は
遊歩道になっており、グルリと一周歩けるようになっています。



では、まいりましょう♪

こちらのピレ門から入ります。
5_20120921161721.jpg
この旧市街に入るには3ヵ所しか入口がありません。
西のピレ門・北のブジャ門・東のプロチェ門デス。


ピレ門を入ると・・・
11_20120921170712.jpg
ドド~ンっとメイン通りであるプラツァ通りがあります。
まだ朝早いので、結構すいてましたね。
この通りは中心部のルジャ広場まで200mほど続いております。



ピレ門を入ってすぐのところに水場があり
7_20120921161746.jpg
お水も飲めました。、、、でも口をすすぐ程度。


何かを、、誰かを、、、
8_20120921161804.jpg
待っているのでしょうか?
彼?彼女?はドブロヴニクの「忠犬ハチ公」なのかもしれません。
ドブロヴニクだから「忠犬ドブ公」 ・・・う~ん、、、却下(-_-)



うふふふ~♡
女性一同、色めき立っておりましたよ。

だって、、だって、、
9_20120921170644.jpg
現地ガイドさんが「イケメン」なんですもの~♡

ふふふ。

・・・・・・・ふふっ 



さてさて、
「女子騒然!イケメンガイドとゆくドブロヴニク観光、、最前列をキープせよ!」 ですが、
10_20120921170806.jpg
観光は順調に進んでいきます。
こちらは 聖ヴラホ教会。



そして、大聖堂
13_20120921170838.jpg



スポンザ宮殿
12_20120921171013.jpg



市場が開かれていましたよ。
14_20120921171050.jpg

美味しそうなフルーツや野菜がたくさん。

15_20120921171113.jpg


こういう雰囲気すごく楽しいですね。
いるだけでワクワクしてしまいます。

16_20120921171138.jpg
この市場で買った乾燥イチジクがすごく美味しかったです。

あ~、、また食べたい☆



フランシスコ会修道院内にあった旧市街の絵です。
17_20120921171202.jpg
なるほどね~、全貌がよくわかるわ~。


修道院にある回廊の様子です
18_20120921171222.jpg
柱が細くて繊細な印象、、すごく素敵な回廊でした。


さ~、いよいよ目の前の階段をのぼり、城壁の上へむかいます。
19_20120921171238.jpg
ここで、悲しい事実が判明しました。
、、、くすんっ。

ここから自由行動となるため、
イケメンガイドさんとはここでお別れだとのこと。
女性一同がっかりですよ(;一_一)。
でもちゃっかり写真を撮ってもらうあたりは抜け目なし、、ふふ。

観光地に新たな「イケメンガイドと写真」という即席観光スポットができあがり、
みんな、写真を撮っておりましたとさ。


ちなみに、、城壁に上るにはマネーが必要ですよ、みなさん。
世の中、マネーがないと壁にも上れないんです。



↓マネーを払った証、チケット。
20_20120921181948.jpg

ドブロヴニクに行ったのが2009年の9月。
クロアチアの通貨はクロアチア・クーナ。
当時1クーナ=20円でした。

城壁の遊歩道は50Kn(クーナ)なので、¥1,000ってとこですね。

当時、いずれユーロになる、、、ようなことを言っていたような~、、
いないような~、、、?
どっちだっけなぁ~?


ん~、まぁ、どっちにしろ払うマネーにかわりなし。
でも、皆のこのマネーが、この城壁を保ち、、街を元気にするんです。
さあ、みなさん、惜しみなく払っちゃってください♪


次回は城壁の遊歩道散歩です。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

どぶろぐ と 肉 ではなく、、、。

え~、、、突然ですが、、
「ドブロヴニク」という街はご存知ですか?

ドブログニク




知らない? 

では「クロアチア共和国」という国は知っていますか?
人口は約450万人。
海を挟んでイタリアがあり、お隣さんは
スロヴェニア・ハンガリー・ボスニアです。

世界遺産もあり、観光名所の多いい国なのですが、1990年に
始まった独立戦争の影響で、旧市街もその影響を受けてしまいました。

現在は平和を取り戻しています。


そんなクロアチアに「アドリア海の真珠」と称えられる
ドブロヴニク(旧市街)があります。



ちらりドブロヴニク。
4_20120912005218.jpg




遠目ドブロヴニク。
2




全貌ドブロヴニク。
3_20120912005443.jpg


次回、この素敵な旧市街をご案内いたします♪


 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

tochiku11

Author:tochiku11
旅行先での出来事、感想をお届けします。
興味のある方、おいでませ。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。